日記

 
  • 金崎宮の桜

    こんにちは! 平成31年4月5日のお昼に、弊社周辺から金崎宮の桜を撮影しました。所詮、スマートフォンのカメラですので、桜の名所の良さが伝えきれないところがございますが、そこはぜひ現地でお楽しみ頂ければと思います。 (さらに…)

     
  • 新年度スタート!

    こんにちは、松本鉄工所です。今日の日記執筆も「中の人F」が担当します。 本日お昼前に、新元号は「令和」と発表されました。私は昭和生まれなので、あれ、また「和」が入っているぞ?と思ったり、3つ目の元号を経験するんだなと感慨深くなったりしているところです。昨日の某局テレビ番組で「平成の号外ニュースランキング」を見ていると、確かに平成に込められた願いでもある戦争はなかったものの、上位は地震、災害、テロ事件が占めていました。新元号下では、明るい話題が上位を占めるように祈念したいところです。 BCPとは (さらに…)

     
  • 敦賀市 金崎宮 桜の開花

    いつもご閲覧有難うございます。今回も、松本鉄工所の中の人Fが執筆致します。 「花冷え」とはよく申したもので、今日は下り坂の予報。そして、来週は花冷えの雨&低温が続くそうです。文才のかけらもない私は、これを季語として一句詠めと言われても書けないもどかしさが有ります(汗)。農学部出身の私は、『桜の開花予測には「温度積算」と言う概念が用いられ、開花前に低温に遭遇すると開花が遅れてしまうと思ってしまうのです。観察対象ではなく、ただ桜を愛でる、そんな気持ちを持たないといけませんね。 ところで、3月22日の日記には、 “ウェザーニュースの予想によりますと、弊社のすぐそばにある桜の名所「金崎宮」の桜の開花予想日は3月28日となっておりました。満開は4月3日頃だそうです。 と書きました。しかし、このスケジュールが少しずれてきました。同じく、ウエザーニュースによれば、 5分咲き・・・4月4日  満開・・・4月5日  桜吹雪・・・4月11日 となっていました。金崎宮では、「花換まつり」が行われます。この開花予報通りだと、満開の桜の下で開催されるようですね。ぜひ、みなさまこの機会に福井・敦賀へお越しくださいね! 鉄道ファンにはたまらない旧・敦賀港線のレールも、この金ヶ崎エリアで見られますよ!?

     
  • 桜シーズン、間もなく!

    こんにちは!今回も中の人Fが執筆致します。 ウェザーニュースの予想によりますと、弊社のすぐそばにある桜の名所「金崎宮」の桜の開花予想日は3月28日となっておりました。満開は4月3日頃だそうです。最近、筆者は桜への関心が薄れていたのですが、会社のすぐそばが桜の名所となると、ちょっと気になってしまいました。立地のせいなのか、歳のせいなのか、それはまだ判断がつかないのですけれど。弊社の皆さん、これから観光シーズンに突入しますので、通勤や搬入搬出時での交通安全に、いつも以上に気を付けるようにしましょう! ところで、今週前半にISO内部監査が行われました。ISOは「目的ではなく、業務をうまく進めるためのツールだ」、とよく言われます。この認識がないと、記録することが目的になってしまったり、記録が面倒なばかりにせっかくの良いアイデアが周りに伝わらなかったりしてしまいます。今回の内部監査では、「内部監査」をきっかけに社員教育に対する会社の考え方が伺えたり、建築材料に関する社会情勢が把握出来たりしました。今後も引き続きISOと言うツールを通じて、モノやサービスの品質向上、社内システムの改善に取り組んでいきたいと考えています。 本日の記事は以上です。 宜しければ、弊社の  facebook (試験運用中)もご覧ください。

     
  • 東日本大震災から8年が経ちました

    本日、平成31311日。 朝礼で、東日本大震災から8年が経ちました、と言うお話が有りました。 敦賀市では、一昨日に岐阜県美濃中西部を震源とする地震により震度1を観測しており、原発立地県でもあることから、「防災意識を新たにしよう」と申し送りが有りました。 中の人Fは、これまでに、ある大学の復興支援事業の一環で、福島県の農業に関する復興支援に携わりました。震災後しばらくは立ち入りが制限されている地域でしたが、除染が進み、ようやく2年前に営農団地の建設が許可されました。しかし、生産するものは「花」。食料生産という意味では、まだまだ風評被害の厳しい現実が現地を苦しめているのが現状です。 弊社は、鉄骨の設計・製造を通して、地震に強い街づくりに貢献して行きたいと考えています。   さて、今日も異業種から入社した私にとって訳の分からない単語が飛び交いました。 「BTをPTする」 意味が、皆目見当すらつきません。 H鋼とかT鋼ならば、溶接された鉄骨の断面の形が見た目通りHやTの形をしているので、理解しやすいのです。しかし、B??P?? これは推定すらできない。。。 こんな時に頼れるのが、Google先生。   BT・・・ビルトティー。鋼板を溶接して作る、断面がT形の鋼材。 PT・・・浸透探傷試験(penetrant testing)。赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れ、ブローホールなどを検出する非破壊検査方法。   鋼板を溶接してT形鋼を製造しました       ↓ 溶接がしっかりできているか、その他加工や塗装作業で鉄骨に傷・穴・ヒビなどがないか浸透探傷試験と言う検査法で確認する と言う工程の話のようです。 今日の日記は以上です。 宜しければ、弊社の  facebook (試験運用中)もご覧ください。 €

     
  • 3月に入ってもはや1週間以上が経ちました

    3月に入ってもはや1週間以上が経ちました、どうも、中の人Fです。 スタッフ「もう今年は雪が降りそうにないですね!」 社長「口に出してそんなこと言うたら雪が降るもんなんや!黙っときなさい!」 昨日はお隣の滋賀県で降雪がございました。社長のご発言、侮れません。スミマセン。。。 さて、前にも触れましたが、これを書いている中の人Fは弊社本業の人では有りません。 今週の朝礼のお話を聞いておりますと、今までの大きな2つの現場向けの仕事に目途が立ち、機械工具のメンテナンスを進め、来週から〇〇大学のSRCに向けて頑張っていきましょう、と話されておりました。 農学部出身の私は、農業工学科の同級生からチラッとラーメン構造だのRCだのは単語として聞いたことがありましたが、SRC!?と言う新しい単語に接しました。 本業の方から見れば可笑しくてしょうがないのでしょうけれど、異業種から来た人はこんなものです。そこで、ちょっと調べてみると、RCに鉄骨造を組み合わせたぞ、と言うことのようです。 建物の構造はRCに比べてやや制限されたりコストが上がったりするようですが、鉄骨造のしなやかさとRCの耐久性の良さが合わさり、耐震性も向上するとのことだそうです。 〇〇大学で学ぶ学生さんや研究者の安全性を最大限に考えた建て方なんですね。 今日も日記風にお届けしました。 ※弊社のFacebookも、ぜひ見に来てください。

     
  • 平成最後の2月末。

    平成最後の2月末日を迎えました。 そんな今日、弊社の中もいろいろな節目が。 永年勤続(27年!!)の方の挨拶、ISO会議の日、同時進行の製作の一定の目途、新規事業の設計キックオフの日程決定、と。 そんな節目が近づきつつあった先日、「中の人F」は、嶺北・三国港の瀧谷寺へ行ってきたのですが、庭の梅の蕾がもう綻びかけていたのです。春は確実に近づいている。でも、雪国の冬を侮ってはいけない、春分の日が過ぎるまでは、と。 ※なお、弊社が認証頂いているISO9001ですが、詳細は 公益財団法人日本適合性認定協会 の弊社認証情報をご確認下さい。 ※弊社も 公式Facebook の運用を始めました。ぜひ、Facebookもご覧ください。

     
  • ゆるまない、しかも作業がラクなロックナット、ココに有ります!

    さぼるつもりは全く無かったのですが、日常業務に追われ、宣伝広報業務が滞ってしまいました(;^ω^) 普段ご贔屓頂いている方はよくご存知の、でも、もっと多くの人に知っていただきたい製品をご紹介します! 『ゆるまない、戻らない、が、半永久的に機能する。しかも、作業がラク!』なロックナット。一定のトルク値になるとナットの中間にある切り込みが切断される仕組みになっています。 1)M.Tロックナット・・・6階建て未満の建物が対象。M16~M42のサイズを取り揃えています。精密機械などの設置にもお使いいただけます。 2)M.T.Sロックナット・・・電気工事向け。M8~M16のサイズを取り揃えています。こちらは上のナットをそのまま締めこめる優れものです。 どちらも現場の声を聞いて弊社の特許技術をもって実現した製品です。 是非お問い合わせ下さい(^^♪  

     
  • 土蔵を曳家

    先週の金曜日ころから、敦賀市郷土歴史資料館の土蔵を保存するため、曳家方式で移動してる風景が見られます。

     
  • 工場内 整備中

    先週より、工場製作が一段落したので今年の計画の製作ラインの整備に入っています。

     

Copyright © 2019 有限会社 松本鉄工所. All Rights Reserved